ビゲーション -->

最先端医療における大動脈瘤の治療

大動脈瘤という病気は、大動脈に瘤ができて破裂する危険性のある病気です。大動脈というのは、心臓から全身に血液を運ぶための血管です。血管の中でも最も太く、全身に血液を送る上で大切なパイプの役割を担っています。その大動脈に瘤ができて、破裂してしまう危険性があるのです。大動脈が破裂した場合は命を落とす可能性のある病気でもあります。大動脈瘤の主な原因は、血液の老化によるものです。大動脈瘤は自覚できる症状がないため、病気の発見には血管を投影する機器で検査を受ける必要があります。大動脈瘤が検査による発見された場合の治療法は主に3通りあります。大動脈瘤が初期段階の場合は薬物による治療をします。そして手術をする治療法もあります。しかし多くの場合、大動脈瘤が破裂しないようにカテーテルによる治療を行います。カテーテルによる治療は、ステントといわれる金属を大動脈瘤ができた部位に挿入して行う治療法です。このステントを挿入することにより、大動脈瘤の破裂を防ぐことが出来ます。このステントの挿入を行う治療法を、「ステントグラフト内挿術」といいます。この治療法は「切らない手術」として注目される、最先端医療の1つでもあります。ステントグラフト内挿術は太ももに1㎝ほどの開けて、血管を通って大動脈瘤のできた部位までカテーテルという管を通します。その管に予め備わったステントを置いてくる治療法です。この治療法の利点は、メスを入れた手術をする必要がなく、体への負担が小さいことです。そして治療をしたその日に、入院することなく帰宅することができるほどです。大動脈瘤は命に関わる大きな病気ですが、適切な治療法による治すことが出来る病気でもあるのです。

あなたの希望で探す全軽連
Gooで欲しいもの見つかる
Amazonで楽々ショッピング

Copyright© 2010 難病いろいろ知ってるつもりで知らない知識 All Rights Reserved.